サイズ表の見方

仕上がり寸法とヌード寸法がある

一般の洋服の目的として、まずは身だしなみがあります。自宅にいる時はある程度自由ですが、外出する時にはそれなりの格好が必要です。身だしなみ以外にファッションとしての役割もあります。流行に合わせて、体にフィットしたものを着る人もいれば、だぶだぶの服を着る人もいるでしょう。作業服はもちろん見た目なども大事ですが、作業がしやすいか、安全かなどもポイントになります。ぴったり過ぎても緩すぎても良くなく、ちょうどいいサイズを選ぶ必要があります。業者によってサイズ表の寸法が異なります。よくあるのは仕上がり寸法で、完成品をメジャーでそのまま測定した数字になっています。ヌード寸法は、着る人の体型を表示しています。両者ではなじ数字でも大きさはかなり異なります。

それぞれの数字が何を表しているか

スーツなどならオーダーメイドで作る機会もありますが、それ以外の一般的な洋服はほとんどが既製品です。作業服を購入するときも、デザインを多少オーダーしたりはしますが、サイズなどはメーカーに任せます。従業員の体型は異なるものの、一般的なサイズを用意して最も合うものを着てもらいます。各メーカーごとにサイズ表がありますが、それぞれの数字の意味を知っておくと良いでしょう。身長はあくまでも目安になります。自分の身長に合ったものがよさそうですが、太っている人などは自分の身長以上のものでないと着られない時があります。袖丈、着丈はそれぞれ実際の長さを示します。手の長さ、足の長さに合わせて、ちょうどよいものを選ぶと良いでしょう。